SSブログ

定額動画配信サービス「ゲオチャンネル」 [ネット配信]

スポンサードリンク



「Neflix」「Hulu」の海外勢に対し、「TSUTAYA TV」「DMM.com」などの国内勢が迎え撃つ形で、競争が激しくなりつつある定額の動画配信サービスだが、一度動画配信からは撤退したビデオレンタルの「GEO」が、再び定額動画配信サービス「ゲオチャンネル」に参入してきた。


ゲオ、アダルト込みで月額590円の動画見放題サービス - AV Watch

しかも、その内容が、他社にはない、なかなかいいところを突いている。

「ゲオチャンネル」は、エイベックス・デジタルとの提携で実現され、コンテンツの調達は基本エイベックス・デジタル側が行い、8万本以上のタイトルが、月額590円(税別)で視聴可能で、画質はSDとHDを用意とあるが、ほとんどのコンテンツがSD/HDの両方が用意されるという意味なのか、SDのコンテンツや、HDのコンテンツが混在するという意味なのかは、発表からは分からない。
ただ、590円なら「Neflix」のSDコース並みであり、競争力はあるだろう。

さらに、ゲオ独自の取り組みとして、アダルト作品も見放題が付くそうで、具体的には、プレステージの50作品を用意し、毎週10作品を更新する方向で準備が進んでいるそうだ。
ここにアダルトの見放題を絡めてくるあたりが、「ゲオ」はしたたかだな。
VHSビデオの昔から、新しいメディアの普及はエロが推進力になるという歴史をよく知っているのだろう。

視聴デバイスは、スマートフォンやタブレット、PCなどのデバイスのほか、テレビ対応も検討中とのことで、1アカウントにつき最大5台までデバイスを登録可能で、登録した端末で映像を視聴できるらしいので、家族でアカウントを共有することもできそう(アダルトコンテンツのペアレンタルロックは掛けられるのかな?)。

また、ベーシックの配信プランに、店舗オプションプラン590円(税別)と、宅配オプションプラン590円(税別)を合わせて契約することもでき、店舗オプションプランは、旧作タイトルを、店頭で月に20本までレンタル可能になり、宅配オプションプランは、宅配で旧作タイトルを8本まで月一回、14泊15日でレンタル可能となる。

店舗オプションプランは、1本あたり30円だから、旧作のみとはいえ安い。宅配オプションプランも、送料を考えれば安いし、他の宅配レンタル業者にも衝撃価格だろう。

一点気になるのは、サービスが、2016年2月より開始とのことで、えらく先のことなのに、なんでこんなに早く発表したのかな?ということ。
これだけ時間があれば、サービス開始までに、他社の挽回の機会を与える可能性があり、他社、特にビジネスプランが似ている「TSUTAYA」がどんな対抗策を打ち出してくるのか、注目したいな。

個人的には、自宅に一番近いレンタル屋さんが「ゲオ」なので、レンタルしたいときは大抵「ゲオ」を利用している。
なので、「ベーシックプラン+店舗オプションプラン」に、結構興味があるな。
ベーシックプランは、お笑いのネタDVD相当のコンテンツが、どの程度見られるか次第で、契約する可能性はあるかも。
プラスの店舗オプションプランも、忙しい時期もあるので毎月契約し続けるのはキツいが、何か興味あるコンテンツをまとめて見たい月に、目的を決めて単月で契約するのなら良さそうだ。

関連記事:
民放5社の見逃し配信サービス「TVer」公式発表:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ





【 ↓ スポンサード・リンクのクリックをお願いします ↓ 】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。