SSブログ

テレ東の特番「滝沢カレンのわかるまで教えて下さい!」に笑った [テレビ]

スポンサードリンク



年末年始の特番、いろいろあったものの、例年に比べて、全体的にそれほど面白い番組はなかった印象だった。
昔と違って、番組に予算がかけられないから、特番とはいっても、過去のビデオの使い回しでお金のかからない番組が増えるのは致し方ないところなのかもしれないが、さびしい限りだ。

05331805179986a70cc60e4ff6a6503e.jpg

滝沢カレンのわかるまで教えて下さい!(テレビ東京)の番組情報ページ | テレビ東京・BSテレ東 7ch(公式)

そんな中、大してお金もかかっていないのに、一番おもしろかったのが、テレビ東京で1月2日(水)の深夜25時00分から放送された「滝沢カレンのわかるまで教えて下さい!」という番組だった。

あの滝沢カレンが、何と!MCを務め、様々な難しかったり、よく知らないテーマの専門家から、分かりやすく話を聞き出すという大胆な企画の番組で、「滝沢カレンが理解できれば、視聴者みんなが理解出来る!」という大前提のもと、様々なテーマの情報をぶつけるお勉強バラエティーという、実に、テレビ東京らしい独特のアイデア発想力が効いた番組だ。

1月2日の特番では、

・岩下尚史が教える「お正月の過ごし方」
・元NEWS ZERO・村尾信尚が教える「消費税」
・天達が教える「気象庁で学ぶ天気予報」
・神田松之丞が教える「空前のブーム 伝統話芸 講談について」
・具志堅が教える「今さら聞けないボクシング」

の5つのマッチアップが放送され、それぞれの先生が滝沢カレンと一対一で話しながら、滝沢カレンに分かるように必死で説明する様子を、ワイプで、矢作兼(おぎやはぎ)、小峠英二(バイきんぐ)、福田典子(テレビ東京アナウンサー)が見守りながら、ツッコミを入れるスタイル。

あの滝沢カレンなので、とんちんかんな質問や返答を連発し、先生が絶句する場面も多々あるのだが、時折、鋭い質問が入ることもあり、結果的に、滝沢カレンは完全には理解できなくても、視聴者にはわかりやすく届く、という実利面も兼ね備えた番組となっていた。

これは、特番で終わらせるのはもったいないフォーマットなので、是非、レギュラー化を希望したい。

テレビ東京だから、当然、考えているとは思うけどね。

関連記事:
TBS特番「実家、片付けてみませんか?」はいい企画かも:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

テレ東のつくり方 (日経プレミアシリーズ) [ 大久保 直和 ]
価格:918円(税込、送料無料) (2019/1/13時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。