SSブログ

業界初!?「番組リスナーは猫」というラジオ番組 [ラジオ]

スポンサードリンク



nekonotame_980x600.jpg

業界初!?「番組リスナーは猫」という猫のためのラジオ番組!あなたの愛猫にぜひ聴かせてあげてください♪

8月4日(日)の午後8時~8時55分に、TBSラジオで「猫のためのラジオ~Radio For Cats~」というとんでもないラジオ番組が放送された。

何と!対象リスナーは、人間ではなく「猫」という、おそらくかつてない実験的番組だ。

この番組ができる前に、まずTBSラジオが、猫の研究者・麻布大学の高木佐保先生と「猫と音」について共同実験をしており、関東各地の猫カフェでスピーカーから13種類のさまざまな音を流し、どの音を流したときにより多くの猫がスピーカーに寄ってきたか、どの音に好意を示したか、を計測し、その結果に基づき、「猫が好きな音楽」を作曲し、番組内で流したのだ。

「猫が好きな音」トップ5は、1位「猫の声」2位「8000ヘルツの音」3位「水の音」4位「鳥の鳴き声」5位「袋のカサカサ音」だったそうで、実際に流れた「猫が好きな音楽」にも、その要素はしっかり反映されていた。

作曲したのは、作曲家で猫マスターの響介さんで、番組ナビゲーターは、猫8匹と暮らしているアナウンサーの渡辺真理さん。

番組は、埼玉県川越市の保護猫カフェ「ねこかつ」で公開収録したそうで、実際に流れる音楽に、猫ちゃんがどんな反応を示すかも実況されました。

残念だったのは、生放送ではなかったので、実際に、番組を聞いた猫がいる家庭で、猫がどんな反応を示したかを、リアルタイムで拾うことはできなかったこと。

ハッシュタグ #猫のためのラジオ

ただ、番組を聞いた猫に関するツイートを拾うと、実際、猫ちゃんたちにはかなり好評だったみたいだな。

興味ある方は、radikoのタイムフリーで、聴いてみて、否、猫に聞かせてあげてみてください。

今後は、猫の聴取率の測定も必要になるのかな(笑)

リスナーは必ずしも人間でなくてもいいのではないか?とう大胆な仮説のもと、この実験的な番組を、本当に電波に乗せて流したTBSラジオの勇断には拍手したい。

関連記事:
文化放送の「ASMR特番」という試み:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ
NHKの不思議な番組「復活の日」を見返して:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

猫のための音楽 Music Cats Love/あなたがいないときのために [ ...
価格:1685円(税込、送料無料) (2019/8/5時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。