SSブログ

Googleのストリーミングゲームサービス「Stadia」の評判は? [ゲーム]

スポンサードリンク



l_yu_stadia1.jpg

Googleのゲームストリーミング「Stadia」、11月19日に22タイトルでスタート - ITmedia NEWS

米Googleが、2019年11月19日から、ストリーミングゲームサービス「Stadia」の提供を開始したのだが、ここまであまりいい評判を聞かない。

立ち上げ時の発表によれば、次のようなサービスとしてスタートしたようだ。

・Stadiaは、米国を含む14カ国(日本は含まず)で2019年11月19日からスタートした
・立ち上げ段階でプレイできるゲームは22本
・その22本は、Assassin's Creed Odyssey、進撃の巨人2:Final Battle、Destiny 2: The Collection(Stadia Proのみ)、Farming Simulator 2019、FINAL FANTASY XV、Football Manager 2020、GRID 2019、Gylt、Just Dance 2020、Kine、Metro Exodus、Mortal Kombat 11、NBA 2K20、Rage 2、Rise of the Tomb Raider、Red Dead Redemption 2、Samurai Shodown(Stadia Proのみ)、Shadow of the Tomb Raider: Definitive Edition、Thumper、Tomb Raider: Definitive Edition、Trials Rising、Wolfenstein:Youngblood
・年内にあと4本(Borderlands 3、Darksiders Genesis、Dragonball 2、Ghost Recon Breakpoint)が追加になり、現在も続々追加されているという
・スタート段階で利用するには、公式コントローラーとChromecast Ultra、3カ月分のStdadia Proの権利が付いて129ドルのPremiereエディションを購入する必要がある
・スマートフォンのPixelシリーズ、PC、Mac、Chromecast Ultraを接続したテレビなどでプレイ可能
・2020年からは、このエディションを購入しなくても、月額9.99ドルで利用できるようになる

とはいえ、提供を開始した対象国に、日本が含まれていないため、私自身も全くまだ触れていない。仕方ないので、サービスがスタートした国でのユーザーレビューを探して読んでみた。

Google Stadiaのすべてが間違っているのか? - GamesIndustry.biz Japan Edition

Googleのクラウドゲームサービス“Stadia”をいろんな場所で使ってみてわかった、技術的・ビジネス的課題 - ファミ通.com

グーグルのクラウドゲーム「Stadia」には、やはりストリーミングならではの“弱点”がある|WIRED.jp

Googleのゲームストリーミング「Stadia」はイマイチな評判 ライバルの動向は? - ITmedia PC USER

Google Stadia is lying about 4K games quality - 9to5Google

Here's how Stadia's input lag compares to native PC gaming | PC Gamer

Google Stadiaレビュー:未来の片鱗を見た瞬間、現実に打ちのめされる | ギズモード・ジャパン

Google Stadiaのインディーゲーム不足は「インセンティブ安過ぎ」「いつサービス辞めるか分からない」との声 - Engadget 日本版

【海外レビュー】Google Stadiaを評価する | ゲーム | レッドブル ステイディア

グーグルのゲームストリーミング「Stadia」、抱える2つの問題点 | NewSphere

ネットで検索してみたが、正直、ほとんどいい評判を見つけられない。

・ゲーム本数が、22本というのは少な過ぎるし、キラーソフトも少ない
・4K/HDRモードの画質が、そうは見えない
・ゲームに支障をきたす遅延が発生する

といった不満が多く、まだβ版の状態で、なぜこれでお金を取ろうと思ったのか?という評価が多い。

Google Stadiaのすべてが間違っているのか? - GamesIndustry.biz Japan Edition

中には、Google Stadiaを擁護するような記事もなくはないが、ごく少数だし、それでさえ、もろ手を挙げていいと言っている訳でもない。

Googleの「Stadia」はビジネスとして成立するのか?(2):トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

私も、Google Stadiaが発表された時に書いた懸念が、そのまま起きていると言え、Googleには、その懸念を払しょくできる、私が想像できない天才的アイデアがあるのかと思っていたら、案外、そうでもなかったようだ。

せめて、もし、無料でまずβ版として公開した後、十分安定してから有料に移行するのなら、ここまでひどい評価とはならなかっただろうが、現在、Google Stadiaを利用している人は、少なくとも、PS4の半額ぐらいはするスターターキットを購入して参加している訳で、それだけに失望が大きいのだろうと思う。

この状況を見る限り、品質に厳しい日本で、真っ先にサービスを開始しなくて正解だったと言えそうだ。

関連記事:
ストリーミングゲームサービス「Google Stadia」の料金体系:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
Googleの「Stadia」はビジネスとして成立するのか?(2):トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。