SSブログ

日経トレンディ 2020年11月号は「すごいラジオ大研究」特集 [雑誌]

スポンサードリンク




日経TRENDY

雑誌「日経トレンディ」は、現在、定期購読中だし、定期購読を始める前も、職場で毎号読んでいた大好きな雑誌だ。
世の中の新しいものに広くアンテナを張るために、とても便利な雑誌なので、仕事上もとても参考にしてきた。

その「日経トレンディ」が、「ラジオ番組」を特集するというのは、ここ10年ぐらいを思い返しても記憶がなく、ここまで大きな特集はおそらく初めてではないだろうか。

コロナ禍の下、ラジオのリスナーが増えているそうで、radiko利用者も1000万人目前ということで、「日経トレンディ」としては初めて「ラジオが今トレンドに乗っている!」と認識したということらしい。

伊集院光、木村拓哉、宇多丸、アルコ&ピース、尾崎世界観、今市隆二、松本穂香、水溜りボンドなどのインタビューが掲載されており、特に、伊集院光のインタビューは、ボリュームもあり、読みどころも多かったので必読だ。

ラジオ番組の人気ランキングも掲載されているが、いわゆる聴取率とは必ずしも一致しているとは限らないみたいで、今でも、深夜番組に熱烈なファンが多いことは改めて感じたな。

さらには、様々なジャンルに分けて、今聞くべき番組が紹介されていたり、ラジオショッピングや競馬番組の裏側、ポッドキャストなどの音声コンテンツについても幅広く状況が知れる特集となっていた。

一方で、便利な予約できるラジオや防災ラジオなども多数紹介され、しっかりしたレビューが書かれているるのも、日経トレンディらしいところ。

ちょっとした文句を言うとしたら、どうやらこの特集の取材、編集時期が少し前だったらしく、10月からの番組改編がうまく記事に反映できていない部分があること。
一応修正は入っているのだが、タイトルとしては9月で終了した番組が紹介されていたりする部分もあるのが惜しい。

そもそも、改編をぎりぎりにならないと発表しないラジオ局の方が悪いのだが。

それと、ラジオ以外の音声コンテンツ配信について広く紹介しておきながら、今や一大勢力と言える「ラジオクラウド」に関して全く言及していないのは、片手落ちではないだろうか。

それ以外は、大変充実した特集となっているので、ラジオファンは是非とも買って読みましょう。

価格は税込690円で安いし、電子書籍版もあるので、お好みでどうぞ。

関連記事:
三才ブックスからのラジオ関連本のご紹介:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

池ちゃん

おはようございます。
これは楽しみな特集ですね。読んで見ます。
ラジオ局のスポンサー離れをラジオを聞いて感じます。
番宣が多くラジオ局の苦境も感じます。
以前はメールが読まれた人にはステッカーなどが貰えましたが、最近はステッカーも日に数名とかでステッカーを作っていない番組も増えたようです。
残念なのはTBSラジオ。荒川強啓のデイキャッチ、久米宏ラジオなんですけどの後番組が面白くない。強啓さんの後番組が終了して荻上チキさんの番組。これは良いのですが、夜がつまらなくなりました。
Fineも生から収録になってやばいと思ったら終了。後番組が面白くない。
ラジコのタイムフリーとエリアフリーで番組を吟味しています。

by 池ちゃん (2020-10-10 06:17) 

naniwa48

池ちゃん、こんにちは。
ラジオに限らず、業績悪化で広告費を削減する企業が増えているのでしょうね。
週末ノオトは聴いていませんが、アシタノカレッジは、ニキさんがチキさんほど深堀ができず、物足りない部分はありますが、私は嫌いではありません。Actionも出演者の頑張りでだんだん面白くなったので、もう少し様子を見たいと思います。
by naniwa48 (2020-10-10 08:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。