SSブログ

TVerで日テレ系ライブ配信がスタート [ネット配信]

スポンサードリンク



_tver__large.jpg

日テレなど、プライムタイムの番組をTVerでネット同時配信。10月から - AV Watch

民放の無料見逃し動画配信サービス「TVer」で、10月から12月までの3か月間、日本テレビ、読売テレビ、中京テレビのプライムタイム(夜7時~11時)を中心とした合計32番組を、実験的に無料ライブ配信するというニュースは、以前読んだ気はしたのだが、すっかり忘れていた。

私は、「TVer」アプリを毎日のように利用はしているのにだ。

なぜサービス開始に気づかなったかというと、私が主に使っているのは、Android TV上の「TVer」アプリであり、リビングのテレビで見ているのだが、今回のライブ配信は、スマートフォン、タブレット、PCが対象で、私が常用しているAndroid TV上の「TVer」アプリだけは、これらのライブ配信が見られないからだ。

Screenshot_2020-11-02-18-24-03-233_jp.hamitv.hamiand1.jpg

遅まきながら、スマホの「TVer」アプリを立ち上げてみたが、確かに、Android TVにはない「日テレ系ライブ配信」のタブが選べて、ライブ配信が見られた。

画質は、おそらく大画面テレビで見てもそん色ない画質だと思う。
ずっと見ていたわけではないので、厳密には分からないが、見ていた時には、配信がフリーズしたり、ブラックアウトするようなことはなかったと思う。

ただし、オンデマンド配信とは違い、Chromecastへのキャストはできない。

そもそも、Android TV版の「TVer」アプリで、これが見られないのは、放送ではなくライブ配信を見られてしまうと、それでテレビの視聴率が下がってしまうため、それを懸念しているからだろう。
Chromecastへのキャストができないのも、同様の理由だと思われる。

NHKのライブ配信は、明確に受信料の一部から予算を充てることが、国会承認の下、明確になっているが、民放テレビ局は、どうやってその配信費用を捻出するのだろうか?

ビジネス的な観点で見ると、ライブ配信の場合、TVerのオンデマンド配信のようにCMを挟めないから、広告収入が得られないからだ。
テレビCMの広告料は、あくまで放送のためのものであり、TVerでもライブ配信するから、その費用分、広告料を値上げしたい、と言って、納得する広告主はあまりいないだろう。

となると、radikoみたいに、通常のCMの代わりに、視聴者属性でセグメント化したターゲット広告に差し替えることで、費用を賄うのだろうか?

その辺の次のステップが、そろそろ見えてこないと、実験から先はない気がするな。

関連記事:
「TVer」も放送のサイマル配信を実証実験:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ
「TVer」で知るBS番組:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。