SSブログ

ムック本「ラジオ受信バイブル2021」 [本・ムック]

スポンサードリンク




ラジオ受信バイブル2021 | 三才ブックス

今年も、恒例となったムック本「ラジオ受信バイブル2021」が、2021年1月28日に発売されていたようだ。

遠距離受信やBCLについては、あまり興味はないため、気づいていなかったな。

価格は、税込1,430円。

このムック本は、「ラジオライフ」および「ラジオマニア」のラジオ関連記事をまとめて、さらに、最新の受信機情報や、海外放送の最新情報を加えた本となっている。

内容は次の通り。

カラー企画
・H-501vs ATS-909X ハイエンドBCLラジオ対決
・広帯域受信機HRD737のラジオとしての実力 ほか

第1章 実験・知識編
・遮るものが何もない「ゆりかもめ」でどれだけ受信できる?
・SNSも利用! ラジオEスポ受信術
・NHK第二・熊本局はどこまで聞こえるのか?
・ラジオ日本・ワイドFM局の受信可能範囲は?
・2020年の短波事情を振り返る ほか

第2章 改造・工作編
・小型短波ラジオER-C57WRパワーアップ改造
・DSPモジュールを使用したFMステレオラジオの制作
・「ちょい足し」でラジオ魔改造!
・しゃべらなくても操作可能なスマートスピーカーラジオを作った! ほか

第3章 機材編
・感度と音で比較 AM/FMラジオ ベスト・バイ
・防災ラジオどれが使える?
・高級スピーカー型ラジオPAL-BTの実力は? 
・ワンセグTV機能付きラジオの魅力 ほか

個人的には、H-501、ATS-909X、HRD737といった新しいラジオの性能、機能が気なるところなのと、地元のラジオ日本のワイドFMの受信可能範囲に関するレポートも、気になるぐらいかな。

正直、「AM/FMラジオ ベスト・バイ」の記事を見ても、昨年ラインナップがほとんど変わっていないなど、それほど目新しい記事は多くないので、買うかどうかは微妙。

個人的には、買うのは、3年に一度ぐらいでいいかな、という気がしている。

関連記事:
つい買ってしまった「ラジオマニア2021」:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ
ムック本「ラジオ受信バイブル2019」を購入:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ
今年も「ラジオ受信バイブル2022」が出ていた:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。