SSブログ

車の電子カタログの入手 [電子書籍]

スポンサードリンク



car_green.png

車の買い替えを考える(1) 買い替えの方針:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

こちらのブログで、マイカーの買い替えを検討していて、その考察を書いているのだが、その際、興味ある車の情報を知りたくて、最新のカタログを集め始めている。

もちろん、各社のディーラーに行けば、カタログは貰えるが、その代り、連絡先などのアンケートは記入しないといけなくなるが、現時点で、買わせたいディーラーにガツガツ来られても困るので、まだディーラーにはコンタクトしたくない。

ここは、各メーカーの公式から紙のカタログを請求しても同じで、請求する際、連絡先などの記入が必要となり、基本的に最寄りのディーラーに連絡が行き、ディーラーの方がカタログを持ってきてくれるのが普通なので、これも現時点では煩わしい。

今はまず、幅広い車種について浅く調べているので、ちょっと気になる車のカタログを、オプションカタログも含め欲しいが、すべてを貰うと大変な分量になり、本棚もかさばって嫌だし、そもそもカタログだってディーラーにとってはタダのものではないので、貰うのも申し訳ない。

そこで、出来る限り、各メーカーのWebサイトで、電子版のカタログをダウンロードし、Androidタブレット上で見られるようにすることにした。

そこで、各メーカーのサイトを調べ始めたのだが、思ったより会社ごとに方針が違い、戸惑っている。

トヨタ

トヨタ 購入サポート | カタログ | トヨタ自動車WEBサイト

トヨタは、こちらのサイトから、全車種のカタログと、そのオプションのカタログが、すべてPDF形式でダウンロードできる。
さすがのトヨタ、しっかりしているわ。
ただ、特別仕様車のカタログなどは、さすがにダウンロードできないみたい。

日産

日産:オプショナルパーツ カタログダウンロード

日産は、各車種のオプションカタログは、ここからPDF形式でダウンロードできる。

日産:ルークス [ ROOX ] 軽自動車 TOP

ところが、車自体のカタログとなると、各車の説明ページから、個別に、主要装備一覧/諸元表ぐらいしかPDFでダウンロードできない。

日産:カタログ請求「ノート」

iPadだけは、全乗用車カタログ・パンフレットがすべてダウンロードできるアプリが用意されているが、Androidアプリはない。
日産は、車の説明は、あくまでWebサイトで見てくれ、という方針みたいだ。

ホンダ

Honda|Honda Access|N-BOX|カタログダウンロード

ホンダは、純正アクセサリカタログは、各車種の説明ページから、個別にPDFでダウンロードできる。

主要装備/主要諸元

その一方で、車自体のカタログは、日産同様、主要装備/主要諸元ぐらいしかPDFでダウンロードできない。

ダイハツ

WEBカタログ一覧|軽自動車・エコカー・低燃費車【ダイハツ】

ダイハツは、こちらのページから、全ての車種のカタログ、アクセサリカタログ、AVナビのカタログ、特別仕様者などのカタログなど、ほとんどすべてのカタログが、Webビューアーで見られる。

ただし、そのカタログを保存するには、それぞれのWebビューアーでカタログを開いて、個別にPDFで保存を指示操作する必要があるのが面倒。

しかも、保存されるファイルの名称が、本体も、オプションも、ナビのカタログも、すべて車種名称で同じなので、ダウンロード後、自分でリネームしてやる必要があるのも面倒。

要するに、あまり利用者の利便性などよく考えずに、Webサイトを作っているのが、バレてしまうな。

スズキ

スズキ|カタログ一覧

スズキは、こちらのページから、全ての車種のカタログが、オプションやナビ・オーディオ、特別仕様車のカタログも含め、PDF形式でダウンロードできる。

大変分かりやすく、国産メーカーではベストだと思う。

マツダ

マツダ|ウェブカタログ閲覧|ご購入サポート

マツダも、こちらのページから、全ての車種のカタログが、オプションカタログもが、PDF形式でダウンロードできる。

スバル

最新のカタログ:カタログダウンロード | アクセサリー | SUBARU

スバルは、アクセサリーカタログは、こちらのサイトから全車種について、PDF形式でダウンロードできる。

SUBARU ID TOP | SUBARU

車のカタログも、PDFでダウンロードできるのだが、公式サイトでSUBARU IDの登録を登録し、さらにディーラーに渡す個人情報を記入しないと、ダウンロードできないのが煩わしい。

三菱

三菱自動車・車種カタログ、特別仕様車リーフレット

三菱自動車は、こちらのサイトから、全ての車種のカタログが、オプションや、特別仕様車のカタログも含め、PDF形式でダウンロードできる。



ということで、調べた結果、メーカーによりかなり方針が違うのが分かった。

今回の買い替えでは、どうしてもホンダと日産にも、検討したい車種があるため、それについては、仕方ないので、最低限のものだけWebサイトから紙のカタログを請求した。
メーカー直送を希望したが、連絡先は記入したので、近くのディーラーからはコンタクトがあるかもな。ああ、面倒くさい。

Screenshot_20211021_103953_com.rookiestudio.perfectviewer.jpg

なお、今回手に入れられたカタログについては、すべてAndroidタブレットのmicroSDXCカードに格納し、「PerfectViewer」で閲覧している。

今後、紙で手に入ったカタログも、多分、自炊して、それらも全て「PerfectViewer」で見られるようにすると思う。

関連記事:
車の買い替えを考える(2) セグメントで考える:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
トヨタが、自動車の紙カタログを廃止へ:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。