SSブログ

「M-1グランプリ2021」チャンピオンは「錦鯉」 [お笑い・芸能]

スポンサードリンク



d8260-673-2cea8cb9107b94107bdb-0.jpg

M-1グランプリ 公式サイト

2021年12月19日(日)、「M-1グランプリ2021」の決勝が行われ、「錦鯉」が17代目王者を勝ち取ったそうだ。

「錦鯉」の優勝は、2007年のサンドウィッチマン以来久々の非吉本芸人の優勝であり、「錦鯉」長谷川は“歴代最年長”の50歳での優勝という記録付きとなった。

私も、番組を久々にリアタイで見ていたのだが、ラジオで佐久間宣行プロデューサーが、「弾けるか、コケるかのどちらか」と言っていた「ランジャタイ」は、見事にコケていたが、それ以外は、皆しっかりウケていたと思う。

「モグライダー」「もも」は、初めてネタを見たが、どちらも新鮮なポイントがあって、面白かった。ほかのネタも、YouTubeなどでチェックしたいと思う。

3度目の「ゆにばーす」、敗者復活からの「ハライチ」は、過去のM-1とは違う新機軸のネタで面白かったが、惜しかった。

「ゆにばーす」は、漫才台本としては、今回のM-1決勝としては、よく練り込まれたナンバーワンの出来だったと思う。
ただ、元々、「ゆにばーす」の漫才って、オードリー、南海キャンディーズなんかの「モンスター+モンスター使い」タイプの漫才だと思っていたのだが、今回の漫才は練り込み過ぎて、はらちゃんが知的に見えてしまった。

さらには、観客にちょっと考えさせるネタだったのに、川瀬名人が緊張していたのか、ツッコミが単調で、自然な笑いが巻き起こる前に、ツッコミで遮断してしまう場面があり、それが、後半のへの盛り上げりが欠けた原因だろう。

「ハライチ」は、M-1参加資格の最終年だったらしいが、岩井がやりたいネタをやって終わった感じ。もはや、岩井の才能は、M-1で計るべきものではないだろう。

最終決戦には、「オズワルド」「錦鯉」「インディアンス」が残ったが、どれも面白かったので、妥当だったと思う。

私は、決勝の2つのネタの総合では、「オズワルド」の優勝もありだと思ったが、「オズワルド」は2本目より1本目の方が面白過ぎた。

最終決戦だけで言えば、「錦鯉」が一番ウケていたし、私も面白いと思っていたので、納得の結果ではある。

「錦鯉」は、昨年のM-1で4位に入り、キャラクターも話題を呼んで、人気も出てかなり忙しい状況だったと思うが、これで大変なことになりそうだ。

バイきんぐ小峠、錦鯉渡辺にネタを相談する理由 「すごい存在」 ? fumumu

「錦鯉」というと長谷川のキャラばかりが目立つが、実は、ネタを作っているのは、地味なおじさんに見えるツッコミの渡辺である。

「お笑い実力刃」や「あちこちオードリー」のトークを聞いていても、「錦鯉」の心臓部を握っているのは、実は渡辺であり、彼が長谷川というモンスターのモンスター使いであるという、オードリーなどと同じタイプの漫才であることが理解できると共に、彼らの漫才への見方が変わった。

今年のM-1は、昨年も見ているので新鮮さが薄れるかと思ったが、ネタがさらに練られて、昨年以上に面白かったので、優勝は納得だ。

あの「バイきんぐ・小峠」は、昔から、単独ライブなどのネタは必ず錦鯉・渡辺に見てもらってアドバイスを受けているらしいし、「ハリウッド・ザコシショウ」のR-1優勝の誇張モノマネも、渡辺のアドバイスで固まっていったものだそうで、SME(Sony Music Enterteinment)では、一番信頼されている芸人なのだそうだ。

渡辺は、今後はピンでの仕事が増えるはずなので、今後、注目してゆきたいと思う。

関連記事:
昨年の「M-1」「R-1」「KOC」「THE W」のこと:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ
女芸人No.1決定戦 「THE W 2021」が炎上しているらしい:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。