SSブログ

「少年ジャンプ+」が英語版同時連載へ! [マンガ]

スポンサードリンク



BuRtNgBz_400x400.jpg

<少年ジャンプ+>2023年に新連載の英語版同時連載 海外向けマンガアプリ「MANGA Plus by SHUEISHA」で配信(MANTANWEB) - Yahoo!ニュース

集英社が2022年6月29日に実施したオンライントークイベント・第1回「ジャンプのミライ2022」にて、マンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」が、2023年以降にスタートする全ての新連載マンガについて、英語版を同時配信することを発表した。

日本では「少年ジャンプ+」で日本語版を連載し、同時に、同社の海外向けマンガ配信アプリ・ウェブサービス「MANGA Plus by SHUEISHA」で英語版を同時連載するという。

※ただし、「MANGA Plus by SHUEISHA」は、作品の国家検閲がある中国、韓国では非公開とのこと。

「少年ジャンプ+」は、「少年ジャンプ」の「友情」「努力」「勝利」というポリシーにとらわれず、長さや、連載間隔にもとらわれることなく、様々なタイプの新しいマンガ家とマンガ作品を生み出し、今は、「少年ジャンプ」より勢いがあるのではないかと思えるほと、人気を呼んでいる。

傑作SFマンガ「彼方のアストラ」はとにかく読むべし!:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

その最初の成果と言えるのが、2019年の漫画大賞を受賞した「彼方のアストラ」(篠原健太)だったと思う。
5巻できっちり終わる緻密なSFミステリーという形態は、決して「少年ジャンプ」では日の目を見ることはなかった作品だろう。

この後、「SPY×FAMILY」(遠藤達哉)の連載が始まり、翌2020年には、「怪獣8号」(松本直也)、2021年には、「ルックバック」(藤本タツキ)、「ダンダダン」(龍幸伸)、2022年には、「タコピーの原罪」(タイザン5)など、様々なタイプの作品が話題を呼び続けている。

一方で、編集者の手を加えないインディーズ作品の連載を始めたり、有望新人の読み切り作品を毎月多数発表したりして、新たなマンガの才能の発掘にも積極的で、注目を集めている。

英語化されるのは、まずは連載作品からみたいだが、このレベルの作品群が、全世界で同時に読めるようになるというのは、マンガ好きにとっては素晴らしいことだが、実利的な意味もあるという。

何でも、「MANGA Plus by SHUEISHA」の方のアクセスも急速に拡大しているそうで、「少年ジャンプ+」のマンガ連載を同時配信することで、海外でも日本国内と同等の収益を見込める状況なのだそうだ。

日本のアニメ映画が海外でもヒットしたり、海外の動画配信サービスでアニメが上位にランキングされることも当たり前になりつつあるが、マンガも、もはやそういう時代になったんだな。

ちょっと感慨深いものがあるな。

関連記事:
漫画アプリ「少年ジャンプ+」でマンガを無料公開:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ
「HUNTER×HUNTER」と「ONE PIECE」の行方:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。