SSブログ

スタジオポノックの新作長編は「屋根裏のラジャー」 [映画]

スポンサードリンク



新海誠監督の新作情報を調べたついでに、「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」「メアリと魔女の花」の米林宏昌監督は、どうしているのかな?と思い、調べてみた。

01-8650_01.jpg



すると、特に新作アニメの情報はないのだが、「はるのにわで」という絵本を出したそうで、ツイッターなどでその告知をしていた。

さて、米林監督についてはそれだけなのだが、米林監督が所属する「スタジオポノック」自体は、「メアリと魔女の花」以来5年ぶりの新作長編アニメ映画を発表したことを知った。

知らなかったが、「メアリと魔女の花」は、世界150以上の国と地域で上映され大ヒットを記録したそうで、それだからこそ5年間、会社も維持でき、次回作を作ることもできたんだろうな、と思う。

n_01.jpg

待望の映画化「屋根裏のラジャー」2022年夏公開決定 | リセマム

新作は、世界の文学賞を席巻した傑作小説、A.Fハロルド著「The Imaginary」をアニメ映画化した「屋根裏のラジャー」。

原作の日本語版は、ポプラ社から「ぼくが消えないうちに」として刊行されている。

人間の想像が食べられてしまう世界を舞台に、大切な人の未来と運命を懸けた”誰にも見えない戦い”を描く感動ファンタジー超大作とのことだ。

しかも、プロデューサーが西村義明氏なのは当然として、監督が、長年スタジオジブリで「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」など数多く名作の作画監督やアニメーターを務め、故・高畑勲の右腕として活躍した鬼才、百瀬義行氏だというからびっくり。

製作は、「屋根裏のラジャー」製作委員会、配給は東宝が行うようだ。

ニュース|『屋根裏のラジャー』公式サイト

公式サイトも一応開設されており、トレーラーなどの情報も公開されている。


ただ、元々の発表では、2022年夏の公開予定と発表していたが、アニメーション制作の進行に遅れが生じていて、公開の延期が発表され、新たな公開時期はまだ発表されていない。

とはいえ、原作が、傑作と評判が高い「The Imaginary」で、百瀬義行氏の初長編監督作品となれば、これは期待するしかないだろう。

じっくり完成を待ちたいと思う。

関連記事:
米林宏昌監督が新作アニメ映画公開:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ
新海誠監督と米林宏昌監督の新作長編は?:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。