SSブログ

前の5件 | -

映画「ドロステのはてで僕ら」 に唸った [映画]

FTmNzdvUsAEkVlX.jpg

伊集院、岩井、平子、佐久間P「もっと評価されるべきもの」を熱烈プレゼン - お笑いナタリー

2022年5月25日(水)のフジテレビ深夜の実験枠「水曜NEXT!」で、「もっと評価されるべき審議会」と題した番組が放送された。

来週6月1日(水)の2週にわたって放送されるパイロット番組の前半で、劇団ひとりがMCを務め、伊集院光、ハライチ岩井、アルコ&ピース平子、佐久間宣行、坂下千里子、清水あいりが、世間で過小評価されている「もっと評価されるべきもの」を自ら持ち込んでプレゼンし、世に知らしめようという番組。

もっと評価されるべき審議会 前編 | TVer

私は、「TVer」の見逃し配信で見たのだが、その中で、佐久間さんが紹介したのが、「海外の映画祭などで20の賞を獲ったのに、日本でほとんど知られていない」という映画。

poster_77891_2.jpg

「ドロステのはてで僕ら」という作品で、私はタイトルさえも全く知らなくて、聞いてポカンという感じ。

佐久間さんによれば、京都を拠点に活動する劇団「ヨーロッパ企画」の初の長編映画製作プロジェクトにより制作された作品で、下北沢トリウッド、京都シネマの2館で上映されたものの、2020年6月というコロナ禍の最中ということもあり、ほとんど注目を集めなかったらしい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

BRUTUS特別編集「合本 マンガが好きで好きで好きでたまらない」 [本・ムック]

雑誌「BRUTUS」で、マンガ特集のムック本が出ているのを発見し、期限が切れるポイントもあったので、楽天ブックスで注文した。

61L9Xiu-iIL._SX368_BO1,204,203,200_.jpg

BRUTUS特別編集 合本 マンガが好きで好きで好きでたまらない Kindle版

届いた表紙を見て、ちょっと後悔しかけた。

「合本 マンガが好きで好きで好きでたまらない」と書いてあり、「合本」ということは、過去に2度「BRUTUS」でマンガ特集号を出しているし、連載の中にも、マンガを紹介するものがあったから、それらを編集したもののようだ。

「BRUTUS」マンガ特集号は2冊とも持っているから、買わなくてもよかったかなぁ、と思いつつ、ペラペラとめくって見てゆくと、様々な有名人が、それぞれ一作、好きなマンガを、2ページのスペースを使って熱く語り、勧める形で、まとめられていて、読みやすい。

内容的には、過去に読んだ気がする記事もあるし、勧めているマンガも、私が既に知っているマンガも多く、自分がまだ知らない漫画を知りたいというニーズに対しては、あまり役には立たないかもな、と最初は思った。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第26回手塚治虫文化賞・大賞は「チ。―地球の運動について―」 [マンガ]

comic_top_chi1.jpg

マンガ大賞は最年少「チ。―地球の運動について―」 手塚治虫文化賞:朝日新聞デジタル

このニュースを見落としていたのだが、2022年4月25日に、第26回手塚治虫文化賞の受賞作が発表され、マンガ大賞は、魚豊の「チ。―地球の運動について―」(小学館)に決まったことが発表された。

ちょうど完結したばかりのいいタイミングでの受賞となった。

それ以外の、新生賞は「教室の片隅で青春がはじまる」(KADOKAWA)と「今夜すきやきだよ」(新潮社)の谷口菜津子。

短編賞は、オカヤイヅミの「いいとしを」(KADOKAWA)と「白木蓮はきれいに散らない」(小学館)が選ばれたそうだ。

特別賞は、今回は対象者なし。

さて、大賞受賞の魚豊さんって、まだ24歳なんだな。この年齢でのマンガ大賞受賞は、手塚治虫文化賞史上最年少とのこと。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ネット配信で見られる人気ラジオ番組 [ネット配信]

57434929b7146ea662e167b395d001ab.jpg

オールナイトニッポン0(ZERO)を動画ライブ配信決定!

ネット配信で、スタジオの映像付きで見られるラジオ番組というと、代表的なのは、「オールナイトニッポン0(ZERO)」だろう。

1700万ユーザーが使うライブ&動画コミュニティアプリ ミクチャ (MIXCHANNEL)

MixChannelのサイト、または、アプリで、すべての番組が、音楽を除き聞けて、見られるし、番組によっては、放送後のアフタートークも聞けるものもあり、番組ファンにとってはありがたい配信だろうと思う。

これに加えて、最近気づいたネット配信で聞けるラジオ放送があるので、それをご紹介。

sand_top.png

サンドウィッチマンのラジオやらせろ! - fmいずみ

一つが、サンドウィッチマンが、仙台市のコミュニティFM局「fmいずみ」で、無名時代からノーギャラで始めたラジオ番組「サンドウィッチマンのラジオやらせろ!」。

この番組は、東北のコミュニティFMを中心に31局(2020年7月現在)にてネットされているが、

ListenRadio(リスラジ)無料でコミュニティFM局の番組が楽しめる

「ListenRadio」などのネットラジオ配信で、「fmいずみ」も配信されているため、全国で、この番組を聴くことができる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

新人パーソナリティに冷たいTBSラジオ [ラジオ]

otonarisan_1200_750.jpg

おとなりさん | 文化放送

私は、現在、朝の帯番組については、文化放送の「おとなりさん」を最優先で聴いていることを、以前書いたが、その後も、それは変わっていない。
最近は、坂口愛美アナの天然さも、曜日パーソナリティからツッコまれ始めていて、大した番組企画もなしに、3時間聞き続けてしまう、心地よさがある。

一方、時間に余裕があればTBSラジオの「パンサー向井の#ふらっと」も、オープニングだけでもと、聞いている。

51849_ext_18_0.jpg

パンサー向井の#ふらっと | TBSラジオ FM90.5 + AM954~何かが始まる音がする~

こちらは、以前より、曜日アシスタントの硬さが取れつつあり、パンサー向井の孤軍奮闘ぶりは緩和されてきており、会話も弾むようになってきた。
ただ、「おとなりさん」に比べて、まだまだ会話において、お互いに遠慮がある感じがして、番組に一体感が出るまでには、まだまだ時間がかかりそうだな。

この番組を聞いていて、改めて思う。

パンサー向井って、TBSラジオが、帯生ワイドにいきなり抜擢したのだから、もうちょっと、進行役アナを付けるとか、目玉になるようなコーナー企画を立ち上げるとか、局側から手厚くサポートしてあげればいいにに、と感じる。

そうでないと、帯生のパーソナリティなんて、すぐに疲弊しちゃうよ。

伊集院光と「らじおと」ケンカ別れ終了 番組責任者はすでに離脱、パンサー向井の新番組へ | 東スポのニュースに関するニュースを掲載

この番組の大谷プロデューサーって、伊集院光降板の引き金を引いた人でもあって、この方が伊集院を引きずりおろしてまでやりたかった理想の番組って、こんな程度のものなの?と言いたい。

よく考えると、この番組に限らず、最近、TBSラジオって、新人パーソナリティに対して冷たい気がする。

以前はそんなことはなかったと思う。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -