So-net無料ブログ作成

コンテンツ ブログトップ
前の5件 | -

日本のコンテンツ力の凄さと、ビジネスの下手さ [コンテンツ]

f79b6b82-s.png

外国人「日本勢が凄すぎる」世界で最も稼いでいるシリーズ作品ランキング : 海外の万国反応記@海外の反応

こちらの記事を読むと、世界で最も稼いでいるシリーズ作品ランキングTOP25のうち、単独のコンテンツホルダーとしてみると、やはりディズニーが最強で、「クマのプーさん」「ミッキーマウス」から、買収して傘下となった「マーベル」「スターウォーズ」まで、7作品を占め、依然、最大のコンテンツホルダーであることが分かる。

一方で、国別でみると、10作品が日本勢で一番多いという。

海外ではほとんど知られていない「アンパンマン」から、日本より海外で稼ぐ「ドラゴンボール」や「ポケモン」まで。
また、マンガ、アニメ、ライトノベルから、ゲーム、グッズまで、その内容もバラエティ豊かで、これを見ていると、日本のコンテンツ力、なかなかすごいじゃないかと思ってしまう。

しかしながら、日本のコンテンツホルダーが、ディズニーほど稼いでいるとは言えない現状もある。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジャパニーズ・アニメの海外売上げが初の1兆円超 [コンテンツ]

産業統計の調査・発表 | 日本動画協会

一般社団法人日本動画協会では、毎年、アニメ産業に関する調査を発表しているが、

d39770-1-866784-0.jpg

アニメ産業の市場規模 過去最高更新 「海外展開」初の1兆円超 | NHKニュース

発表された「アニメ産業レポート2018」によると、去年1年間のアニメ産業の市場規模は、おととしを190億円上回って2兆1814億円となり、6年連続で過去最高を更新したそうだ。

そして、その中で、「海外展開」が初めて1兆円を超え、1兆92億円てに達し、これは、全体の半分近くを占めるという。

また、DVDなどの「ビデオパッケージ」の売上げは587億円と前年の3/4程度にとどまったのに対し、「配信」の売上げは595億円となり、とうとう売り上げが逆転した。

日本アニメの海外放送状況 - SAMPLE.pdf

詳しい情報は、上記のPDFをご覧ください。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

8Kタイムラプス動画の新しい世界 [コンテンツ]

CIMG0403.JPG

清水大輔タイムラプス展『そこにある光』 Powered by レグザ | NEWS & REPORT | SHOOTING(シューティング)

先日、渋谷駅西口の街を歩いていたら、たまたま東京アーツギャラリーという小さなギャラリーで、清水大輔タイムプラス展「そこにある光」(2019年11月14日~17日)という企画展をやっていて、面白そうに見えたので、つい入ってみました。

CIMG0404.JPG

ギャラリー内には、9台の薄型テレビが置かれており、それぞれ別の、美しい映像が流れています。

東芝、「8K レグザエンジン」搭載テレビを公開--クラウド高画質テクノロジーも明らかに - CNET Japan

テレビは、8K解像度の88型有機ELパネルを搭載した新型の東芝レグザだそうで、そこに、今まで見たことがない緻密で美しい風景の動画が流れていました。

これ、どんなビデオカメラで撮影したのだろう?と不思議に思い、いらっしゃった作者の清水さんにお話を伺ったら、

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「バザールでござーる」を改めて評価したい [コンテンツ]

index.png

みなさんは、「バザールでござーる」を覚えているだろうか?


バザールでござーるオフィシャルホームページ

「バザールでござーる」とは、日本電気(NEC)の販売促進キャンペーンの名称で、NECのパソコンがよく売れた時代、テレビのCMでも「バザールでござ~る~!」と歌う曲と、おサルさんのキャラクタ(今回調べてみて、「バザール・デ・ゴザール」という名前であることを初めて知った)が人気があった。

今では、NECのパソコン事業は、中国企業のレノボに買収され、経営不振から大幅に縮小されたため、テレビCMも見ることはなくなったが、今でも、上記の公式サイトは残されていて、一部を見ることができる。

今から振り返ってみて、電機メーカーのプロモーションの中で、独自のキャラクタを生み出して、それが広く親しまれたという意味では、それまでも例がなかったし、その後もなく、随一の存在だと思う(電機メーカー系でも、ソニークリエイティブプロダクツのような独立したキャラクタービジネスは除く)。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スタジオジブリが人事交代で再び動き始める [コンテンツ]

2014年の宮崎駿の引退表明以降、制作部門を解散し、ジブリ自体では新作を作らないことが明らかになり、随分ガッカリした人も多いだろう。
しかし、一方で、ジブリを退職したスタッフが、「君の名は。」「メアリと魔女の花」などのアニメ映画で活躍する状況も起き、ジブリ以外でのアニメ界の活性化も起きていた。

ジブリは、これまでの作品の著作権管理だけを行う会社として静かに存続するだけなのかと思っていたら、昨年中盤から再び動きが出てきた。

宮崎駿監督 最後の新作製作“始動”スタッフ募集に海外から殺到― スポニチ Sponichi Annex 芸能

まずは、宮崎駿が再び長編アニメ制作に復帰することを表明し、2017年10月から雇用する条件で、スタジオジブリで再び制作スタッフの募集が行われた。

ph.jpg

愛・地球博記念公園に「ジブリパーク」開設!ジブリファンが描く、施設の未来予想図 | IDENTITY 名古屋

さらに、愛知県の愛・地球博記念公園に「ジブリパーク」が設置される計画が明らかになった。
いずれも、お金のかかる大プロジェクトであり、それ以前の体制ではやれるはずがないから、内部でも具体的な動きが何かある筈と思っていた。

続きを読む


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - コンテンツ ブログトップ