SSブログ

David Fosterが手がけた大ヒット曲 [音楽]

スポンサードリンク




" After The Love Has Gone " - アース・ウィンド・アンド・ファイアー

David Fosterが作曲家として、最初に注目されたのは、'79年のこのヒット曲らしい。
後のファンク色が強くなるアース・ウィンド・アンド・ファイアーとは、ちょっと違うバラードの佳品となっている。
一方で、アレンジはのちのDavid Fosterに比べて地味だ。

David Fosterは、歌のうまい黒人ボーカリストが好きで、彼らに向けて、その力量を最大限発揮するような名曲を多数作った。


オールウェイズ・ラヴ・ユー/ホイットニー・ヒューストン Whitney Houston - I Will Always Love You

今は亡きホイットニー・ヒューストン の大ヒット曲で、本人が主演する映画の主題歌。この曲を知らない人はいないだろう。


"Earth Song" - マイケル・ジャクソン

マイケル・ジャクソンとしては、後期のヒット曲なので、割と地味な曲ではあるが、マイケル自身の歌詞を生かした、いいバラードだと思う。


"Through the Fire" - チャカ・カーン

チャカ・カーンもファンク色が強いヒット曲が多い中、バラードの大ヒット曲は、David Fosterが作ったものだ。


"Unforgettable" - ナタリー・コール

David Fosterがプロデュースし、デジタル編集技術をフルに駆使し、ナタリー・コールとその亡き父ナット・キング・コールのデュエットを実現した。
この曲も、大ヒットしたな。


セリーヌ・ディオン/トゥ・ラヴ・ユー・モア Celine Dion - To Love You More

セリーヌ・ディオンのこの大ヒット曲は、若くてまだスマートな葉加瀬太郎のバイオリンが大々的にフィーチャされたことでも有名。葉加瀬太郎は、この曲のためにワールドツアーに同行した。


燃えつきて/ボズ・スキャッグス love, look what you've done to me

もちろん、ヒット曲は、ブラックミュージックだけではない。このAORの名曲も、David Fosterの作曲だ。


グローリー・オブ・ラヴ/ピーター・セテラ Peter Cetera - Glory Of Love

シカゴを脱退したピーター・セテラにも、バラードのヒット曲を書いている。

前回ご紹介したシカゴ以外にも、バラードの名曲がたくさんあることが分かっていただけると思う。
ただ、バラードばかりで、聞き飽きてきたと思うので、次回は、ちょっと違ったタイプの曲も取り上げてみたい。

関連記事:
デイビッド・フォスターとシカゴ:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ
バラードだけではないDavid Foster:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。