So-net無料ブログ作成

和田誠「倫敦巴里」の復刊を望む [文学・小説]

スポンサードリンク




70年代、私にとって、生頼範義さん、長岡秀星さんと並ぶイラストレーターだったのが、和田誠さんだ。これは三段落ちでも何でもなく本心だ。和田さんはまだお元気だが。、

和田誠 - Wikipedia

一番有名なのは、星新一の著作のイラストだが、シンプルな線だけで表現される、削りに削った表現のイラストが、他にない個性だった。
和田さんの絵って、自分でも描けそうだが、実際に試してみると、絶対に描けないんだよな。

和田誠さんは、文筆家としても有名で、多くのエッセイ集なども残しているが、是非ご紹介しておきたい本がある。

lp.jpg

Amazon.co.jp: 倫敦巴里 (1977年): 和田 誠: 本

「倫敦巴里」という様々な形態のパロディ作品だけを集めた本なのだが、今は絶版で、傑作なのに、なぜか一度も文庫にもなっておらず、ほとんど世間には知られていない。
だけど、これが傑作なのだ。

元々「話の特集」という雑誌に連載されたパロディ企画を、本にまとめたものらしいが、主な内容は次の通り。

特集ギャラリー:ダリが描いた「イヤミ」、ピカソが描いた「チビ太」、レジエが描いた「鉄腕アトム」など、イラストレーターとしての本分を生かした贋作

イソップ寓話「兎と亀」のシナリオを、市川崑、ゴダール、ヒッチコック、黒澤明、山田洋次、ディズニー、深作欣二などが描いたらという企画も、どれも実にそれらしい。

そして、川端康成「雪国」を、井上ひさし、星新一、野坂昭如、谷川俊太郎、横溝正史、筒井康孝などの有名作家が書いたら、という文体模写が本当に傑作。
実に巧みに、作家の文体の癖とか思考回路が文章に反映されていて、読んだことがある作家については、爆笑してしまうほど。

こうした文体模写というと、後に清水義範のパスティーシュ作品が有名だが、この本は、まさにその先駆けみたいな作品だった。

出てくる作家や監督が、一部、古くて今はなじみがない方もいるかもしれない。ただ、いまや国語の教科書に載っている作家も多いので、その意味では読んだことがある作家も多いはず。

なかなか文庫化もされないのは、ひょっとしたら、再刊するには、描かれた作家に何らかの許諾を得る必要があるのかもしれないが、こんな傑作が後世に残されないのは、大きな損失だと思う。
文庫が無理なら、電子書籍でもいいから、何としても再刊をお願いしたいな。

関連記事:
イラストレーター・長岡秀星さん6月に死去:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ





【 ↓ スポンサード・リンクのクリックをお願いします ↓ 】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 1

Log

縺薙s縺ォ縺。縺ッ縲ょョ懊@縺上♀鬘倥>閾エ縺励∪縺吶€�
縺薙�ョ譛ャ縺ッ蝗ウ譖ク鬢ィ縺ァ隱ュ繧薙□縺ョ縺ッ荳ュ蟄ヲ逕溘�ョ鬆�縺ァ縲∽サ悶↓髱「逋ス縺�迚ゥ繧堤衍繧峨〓蟷エ鬆�縺縺」縺溘�ョ縺ァ縲√◎繧後↑繧翫↓髱「逋ス縺�縺ィ諤昴>縺セ縺励◆縺後€∵�蝉ココ縺吶k鬆�縺ォ縺ッ縲√€後ヱ繝ュ繝�繧」繝シ縺ィ縺九b縺倥j縺ィ險€縺�縺ョ縺ッ縲∝次蜈ク縺ゅ▲縺ヲ縺ョ莠檎分辣弱§縺ォ驕弱℃縺ェ縺�繧医↑縲阪→諤昴≧繧医≧縺ォ縺ェ縺」縺溘€�
縺昴l縺ォ縲∝柱逕ー隱縺ョ縲檎岼縺檎せ縲阪∩縺溘>縺ェ莨シ鬘皮オオ縺ッ雖後>縺ァ縺吶�ュ縲ゅき繝ェ繧ォ繝√Η繧「縺ィ縺九ョ繝輔か繝ォ繝。縺励※繧ゅ>縺�縺代←縲√Δ繝�繝ォ縺ョ鬲�蜉帙→縺九€∝・・蠎輔↓縺ゅk迚ゥ縺後″繧後>縺輔▲縺ア繧顔┌縺上↑縺」縺ヲ縺�繧九→諤昴≧繧薙〒縺吶�ュ縲ゆシシ縺ヲ縺�繧九¢縺ゥ縲∵ー励′謚懊¢縺溷�ィ縺上�ョ莉紋ココ縺ョ繧医≧縺ェ蜊ー雎。繧貞女縺代∪縺吶€�
by Log (2016-06-05 18:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました