So-net無料ブログ作成

「2018ユーキャン新語・流行語大賞」候補30が発表 [イベント・企画]

スポンサードリンク




今年ももうすぐ年末であることを感じさせるのが、「2018ユーキャン新語・流行語大賞」だが、今年も11月7日、30の候補が発表された。

これは毎年書いているが、新語・流行語大賞に、商品やサービス、人物の名前そのものを候補に挙げるべきではないと思う。

商品やサービスは、日経トレンディの今年のヒット商品なんかで取り上げればいいし、人物は、日経エンタテインメントのタレントランキングなんかで正しく評価すればいいだけのことであり、新語・流行語大賞と言うからには、これまでになかったか、言葉として流行ったかどうかを基準に選考してもらいたいと思っている。

sh_ryuko_01.jpg

2018年の流行語大賞候補が発表「おっさんずラブ」など30語 - ライブドアニュース

その意味で考えると、30の候補の中で、おっさんずラブ、金足農旋風、カメ止め、君たちはどう生きるか、なおみ節、ひょっこりはん、ダサかっこいい・U.S.A、Tik Tokといったあたりは、言葉ではなく、人物、団体、作品、サービスそのものとして、しっかり評価すべきものだと思うので、新語・流行語大賞にはふさわしくないと思う。

残る中で、新語・流行語大賞にふさわしいのは、次の言葉かなと思う。

・eスポーツ:言葉自体も比較的新しいし、特に日本では今年に入ってから完全に定着した
・半端ないって:色々応用が効く言葉なので、ワールドカップの盛り上がりの後も、様々な場面で使われている
・時短ハラスメント(ジタハラ):これは報道発信で注目されているが、言葉としてはパターン化していていて弱いかな
・首相案件:これも報道発信だが、○○案件という形で応用が利くので、言葉として広まった気がする
・スーパーボランティア:これは、流行語というよりは新語で、今年初めて聞いた気がする
・奈良判定:これは、ことし多かったスポーツ事件絡みだが、この言葉も○○判定という形の応用ができ、しぶとく生き残っている
・そだねー:オリンピックの女子カーリングチームの掛け声だが、日常にも使えるので、流行ったな。ただ、全般にオリンピック関係は、今年前半なので、印象が薄くなるのはやむを得ないところか、
・ボーッと生きてんじゃねーよ!:NHKの番組発祥だが、今も大人気だし、この言葉も日常で使えるので流行っている、
・#MeToo:セクハラ問題で米国発信のツイートで使われたが、日本でも広がっている
・翔タイム:これは米国では流行ったと言えるけど、日本で流行ったか?
・ご飯論法:政治答弁に絡み、法政大の上西充子教授がツイートし、話題を呼んだ新語。例えとして絶妙だった。
・災害級の暑さ:今年の酷暑についてこの表現が流行ったが、あんまり応用が効かないので、夏の終わりとともに廃れた

流行語としては、今年前半に流行った言葉は不利で、「そだねー」なんかも当時は物凄く流行ったが、いまは誰も使わない。
そんな中、今でも残っていて、汎用的に使われる「半端ないって」はかなり強力な候補だろう。
それか、後半にかけて盛り上がりが大きかった「eスポーツ」も最有力候補かも。

2018年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞ならびにトップ10は、12月3日に発表されるそうなので、楽しみに待ちたい。

【追記】
後から思ったのだが、サンドウィッチマンが流行らせたと思った「ゼロカロリー理論」「ウマーベラス」は、なぜ候補に入らなかったんだろうか。
サンドの人気と、曲のヒットも考えれば、入っても不思議じゃないと思うのだが。

関連記事:
ユーキャンの流行語大賞2017は、「インスタ映え」「忖度」に:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

関東のラジオ聴き

どうもです。
昨年は「このハゲーっ!」(「ちーがーうだーろー!」が替わってノミネート)や「一線を越える」など選ばれそうでも選ばれなかったブラックなフレーズがありましたが、今年は「悪質タックル」「ジタハラ」「奈良判定」とブラックなワードがそこそこ選ばれている気がします。また、「アムロス」のように入れるべきでないのに入れてしまいそうな言葉が入らなかったのはいい傾向かもしれませんね(日経トレンディのヒット商品ランキング1位は「安室奈美恵」でしたが)。
ところで、やくみつるさんが11月10日の「ちゃきちゃき大放送」で選考事情を話していましたが、「奈良判定」「悪質タックル」などをひっくるめた言葉で「スポーツパワハラ」をノミネートしようという話があったものの「パワハラ」という言葉に新味がないということで別々のワードをノミネートするに至ったとか。
by 関東のラジオ聴き (2018-11-15 12:15) 

naniwa48

関東のラジオ聴きさん、こんにちは。
確かに「アムロス」は入るべきでしたね。
ネットの意見を見ていると、「平成最後の〇〇」も、入ってもよかったかも。
何より、大谷翔平は、「翔タイム」より、様々な場面で応用された「二刀流」だろうという意見に賛成。
「二刀流」は、大賞でもよかったと思うぐらいです。

by naniwa48 (2018-11-15 18:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。