SSブログ

渡辺裕之さん、上島竜兵さんの相次ぐ訃報 [人物]

スポンサードリンク



苦悩を抱えていた渡辺裕之さん 老化で感じる肉体の衰えによる「喪失体験」か|NEWSポストセブン

【速報】ダチョウ倶楽部・上島竜兵さん死去

渡辺裕之さん、上島竜兵さんと、このところ信じられない訃報が相次いでいる。

渡辺裕之さんは、66歳だったのか。若々しいので、まだ60歳前後かと思っていた。


渡辺裕之さんと言えば、一般的には俳優なのだろうが、私にとっては、ジャズドラマー。

しかも、趣味のレベルではなく、プロとのセッションや、スタジオプレーヤーとしても活躍していた。
かなり昔、一度だけ、新宿のジャズバーで演奏を見たことがあった。

今よりもさらに顔が黒く、ジャズバーの暗い照明では、最初、誰なのかよく分からず、知らないプロのドラマーだと思っていた(笑)。

あとで、俳優の渡辺裕之さんだと知り、しかも、インタビューで、むしろ本当は音楽やりたかったが、食えなかったという話を聞き、なるほどと思った記憶がある。

MISIA 渡辺裕之さん急死に「胸が苦しい」と嗚咽 次女がコーラス【追悼全文】(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

たまたま、数日後の「MISIAのオールナイトニッポンGOLD」を聞いていたら、番組冒頭で、MISIAも、渡辺さんの死を悼み、号泣していた。

何でも、渡辺さんとは以前から親しく、ドラマーとして共演したこともあり、さらには、娘さんがMISIAのコーラスを担当している縁もあり、相当ショックだったようだ。

私も、聞きながら、改めてもらい泣きしてしまった。


上島竜兵さんは、もちろん皆さまご存じのお笑い芸人。

61歳だったそうだが、直前までテレビやイベントにも出ていた印象だったので、朝のニュースで無くなったことを知り、渡辺裕之さん以上に驚いた。

私的には、「アメトーーク」や「金スマ」の太田プロ芸人特番は印象に残っていて、上島竜兵さんが、どんな感じで後輩芸人に慕われていたかが、よく分かる特番だった。
あの和気藹々の雰囲気を見ていたから、今回の訃報は全く想像できなかった。

ただ、年齢も還暦を過ぎ、さらには、コロナ禍で、キス芸などの得意ネタも封じられ、最近は「竜兵会」と呼ばれる、太田プロを中心とした後輩芸人たちとの食事会も開けていなかったようだ。

他人の心を推し量るのは不遜ではあるのだが、以前より孤独で、精神的にキツかったのかなぁ。

「アメトーーク」や「金スマ」の太田プロ芸人特番は、上島さんの人柄がよく伝わる、とてもいい回だったので、追悼で、もう一度放送を希望したい。

上島竜兵さん急死 松本人志、三村マサカズ、陣内、兼近らお笑い仲間からの追悼投稿やまず/芸能/デイリースポーツ online

なお、様々な関係者が、すでに追悼コメントを出しているが、ダチョウ倶楽部のメンバーや、最も親しかった土田晃之、有吉弘行、劇団ひとりといった後輩芸人たちが、未だコメントを出せずにいること自体に、彼らの辛い気持ちが伝わってくる。

それに比べれば、一視聴者でしかない私の悲しさなんて浅いものでしかないが、渡辺裕之さんも、上島竜兵さんも、人として好きだった。

お二人のご冥福をお祈りします。

関連記事:
志村けんさんが亡くなった:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。