SSブログ

ニッポン放送の新番組「伊集院光のタネ」の新しさ [ラジオ]

スポンサードリンク



各ラジオ局の2023年秋の番組改編で、新番組がスタートしたが、その中で、面白くて聞き始めた番組については、随時紹介してゆきたいと思う。

Y8tORAM6.jpg

伊集院光のタネ | ニッポン放送 ラジオAM1242+FM93

さて、今期、一番面白いと思う新番組は、ニッポン放送の「伊集院光のタネ」だ。

2023年10月3日(火)にスタートし、毎週火~金曜の17:30~18:00に放送されている。

伊集院光自ら企画し、出演する帯番組ということらしい。

「番組で募集したメールテーマに対し、リスナーから寄せられたメッセージを番組で読んで、日替わりパートナーとトークする」という、事前の番組説明だけでは、正直、よくある平凡な番組としか思えず、何が面白いのか全く想像がつかなかった。

しかし実際に、放送が始まって、まず分かったのは、この番組、全然平凡ではないということ。

どんなところが、普通でないのかを挙げてみると、次の点あたりか。

・現在、募集しているメールテーマが39個もあり、それも含め、すでに100個以上決まっている
・それぞれのメールテーマが、いつ放送されるかは決まっていない
・番組は基本収録放送だが、時々、生放送の日があり、生放送の曜日とか周期は決まっていない
・生放送の日の後、数日分の放送を収録し、翌日から順次放送する
・番組トークの中でまた新しいメールテーマを思いついたら、随時追加してゆく
・伊集院光のパートナーは、ニッポン放送のアナウンサーなどが日替わりで出演する

30分番組だが、毎回放送で読まれるメールは数通で、そこからのフリートークが主体。

そのフリートークが、とても楽しそうなのだ。
楽しそうに話し、話題が広がる中で、また新たな疑問などが浮かび上がり、それが新たなメールテーマとして追加されてゆく。

ラジオの帯のワイド番組って、ニュース、天気予報、交通情報、テレビショッピング、スポンサーのミニ番組、ゲストコーナーなど、様々な要素で成り立っていて、ラジオの楽しさの大きな要素の一つである、リスナーメールを読んでフリートークをする時間を抽出すると、意外と短い。

伊集院さんが、かつて担当していた帯生番組「伊集院光とラジオと」でも、メールテーマを一週間単位で募集し、それに対するトークからまた後の曜日で反応のメールがあったらそれを読むことで、話題がどんどん展開してゆくのは、他の番組にはない楽しさだった。

私が思うに、伊集院さんも、「伊集院光とラジオと」を担当していてそのことを感じており、そのメール&トークの部分だけ取り出せば、30分ぐらいでも番組として十分成立するのではないかと考え、それが「伊集院光のタネ」という新番組に結実したのではないかと思う。

もちろん、大前提として、伊集院さんの面白いメールを選び取る能力、そこから、パートナーと面白い話題を広げる能力があってこそ、可能な番組だと思うが、ご本人としては、この一つのラジオの面白い部分を純粋培養のような番組が、楽しくて仕方ないのではないかと思う。

さらには、10月10日(火)の放送には、「伊集院光とラジオと」でパートナーだった安田美香さんが出演するそうで、今後、伊集院さんが一緒に話して楽しいフリーアナウンサーや、芸人さんなども出演するとしたら、まさに一石二鳥。

今後、竹内香苗アナとか、桐畑トールなどの、お馴染みのメンツが出演することがあるのかもしれないな。

関連記事:
ニッポン放送・2023年秋の番組改編:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ
2023年10月からのラジオ聴取習慣の変化:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。